第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会

プログラム

プログラム

会長講演

11月2日(金)第1会場 8:30 ~ 9:00

座長:
山澤 文裕(丸紅健康開発センター)
1-1-PL
未来への貢献 ―これからのスポーツ医学―

セントマリア フューチャークリニック 増島 篤

招待講演

11月3日(土)第1会場 14:00 ~ 15:00

座長:
片寄 正樹(札幌医科大学保健医療学部)
2-1-IN
Athlete Centred Olympic Physiotherapy Services Key Criteria and Best Practice

International Olympic Committee, Medical and Scientific Commission, Lausanne, Switzerland /
University College Dublin, Institute of Sport and Health, UCD, Dublin, Ireland
Marie-ElaineGrant, PT, Ph.D.

特別講演1

11月2日(金)第1会場 10:40 ~ 11:40

座長:
増島 篤(セントマリア フューチャークリニック)
1-1-SL1
運動はどこまで健康に貢献できるのか?

北海道医療大学 浅香 正博

特別講演2

11月2日(金)第1会場 13:00 ~ 14:00

座長:
福林 徹(東京有明医療大学)
1-1-SL2
運動器のメディカルチェックのポイント ーゆりかごから墓場までー

筑波大学体育系 スポーツ医学教室 宮川 俊平

特別講演3

11月3日(土)第1会場 10:40 ~ 11:40

座長:
帖佐 悦男(宮崎大学医学部整形外科学教室)
2-1-SL3
スポーツによる脊髄損傷と神経再生医療.

札幌医科大学医学部整形外科 山下 敏彦

特別講演4

11月3日(土)第1会場 13:00 ~ 14:00

座長:
小松 裕(前衆議院議員)
2-1-SL4
非常ベルは聞こえているか?

衆議院議員 馳 浩

教育講演1

11月2日(金)第2会場 14:00 ~ 15:00

座長:
山澤 文裕(丸紅健康開発センター)
1-2-IL1
スポーツ医学における研究倫理

東京大学医科学研究所 神里 彩子

教育講演2

11月2日(金)第2会場 15:00 ~ 16:00

座長:
谷 諭(東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座)
1-2-IL2
スポーツ関連脳振盪の診断

東邦大学医療センター大橋病院 脳神経外科 中山 晴雄

教育講演3

11月2日(金)第2会場 16:00 ~ 17:00

座長:
勝川 史憲(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
1-2-IL3
スポーツ現場における医療安全

兼子・岩松法律事務所 飯田 研吾

教育講演4

11月3日(土)第2会場 9:00 ~ 10:00

座長:
蒲原 一之(国立スポーツ科学センター)
2-2-IL4
スポーツ活動と感染症

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 石田 浩之

教育講演5

11月3日(土)第2会場 14:00 ~ 15:00

座長:
中嶋 耕平(国立スポーツ科学センター)
2-2-IL5
がん時代の整形外科に求められる意識改革-がんロコモを考える-

帝京大学医学部整形外科学講座 河野 博隆

教育講演6

11月3日(土)第2会場 15:00 ~ 16:00

座長:
真鍋 知宏(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
2-2-IL6
アンチ・ドーピング領域における日本の貢献 ~東京2020とその先をめざして~

筑波大学 体育系 渡部 厚一

シンポジウム1:ACL 損傷・再損傷を予防する

11月2日(金)第1会場 14:00 ~ 15:30

座長:
内山 英司(稲波脊椎・関節病院 スポーツ関節センター)
津田 英一(弘前大学大学院リハビリテーション医学講座)
1-1-SY1-1
ACL 損傷の受傷メカニズム

東京医科歯科大学大学院 運動器外科学 古賀 英之

1-1-SY1-2
初回の前十字靭帯損傷のリスク因子.

大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ科学講座 小笠原一生

1-1-SY1-3
ACL 損傷予防プログラムとエビデンス

金沢大学整形外科 中瀬 順介

1-1-SY1-4
ACL 再建後再断裂と反対側断裂の現状とリスク因子

弘前大学大学院医学研究科 整形外科学講座 木村 由佳

1-1-SY1-5
膝前十字靭帯再建術後の再断裂予防介入の実際とその効果

日本鋼管病院リハビリテーション技術科 大見 頼一

シンポジウム2:次世代を担うジュニア選手へのメディカルサポート

11月2日(金)第2会場 9:00 ~ 10:30

座長:
鳥居  俊(早稲田大学スポーツ科学学術院)
加藤 晴康(立教大学コミュニティ福祉学部 スポーツウエルネス学科)
1-2-SY2-1
バレーボールジュニア代表(選抜)選手の歯科サポート

ホワイト歯科 太田 武雄

1-2-SY2-2
陸上競技におけるジュニアアスリートサポート

筑波大学医学医療系 整形外科 鎌田 浩史

1-2-SY2-3
ラグビー競技におけるジュニア選手への安全対策

聖隷三方原病院 脳神経外科 佐藤 晴彦

1-2-SY2-4
日本水泳連盟による女性アスリートへの取り組み

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科 能瀬さやか

1-2-SY2-5
生涯スイマーまで目指したメディカルサポートの挑戦~内科的視点から~

筑波大学 体育系 渡部 厚一

シンポジウム3:スポーツ現場における医療行為の法的問題

11月2日(金)第3会場 9:00 ~ 10:30

座長:
武者 春樹(聖マリアンナ医科大学)
望月浩一郎(虎ノ門協同法律事務所)  
1-3-SY3-1
医師がスポーツ現場で医行為を行う際に準備すべきことと知っておくべきこと

東京慈恵会医科大学附属第三病院救急部/
日本臨床スポーツ医学会内科部会CPA 調査対策委員会 大槻 穣治

1-3-SY3-2
 

虎ノ門協同法律事務所 大橋 卓生

1-3-SY3-3
スポーツ現場における医療行為の契約と責任 -スポーツ競技大会における法的責任との関係で

早稲田大学法学学術院 棚村 政行

1-3-SY3-4
スポーツ現場における医師の医療行為の現状

日本臨床スポーツ医学会学術委員会内科部会CPA 調査対策小委員会 藤谷 博人

シンポジウム4:障害を持つこどものスポーツ指導(日本小児整形外科学会)

11月2日(金)第6会場 15:30 ~ 17:00

座長:
鎌田 浩史(筑波大学医学医療系 整形外科)
藤井 宏真(奈良医科大学 整形外科)
1-6-SY4-1
医療機関における障害児らへのスポーツ指導の役割

国立障害者リハビリテーションセンター 上出 杏里

1-6-SY4-2
スポーツ活動を通じた身体的な制限のある児童の退院・復学支援の可能性

特定非営利活動法人 Being ALIVE Japan 北野 華子

1-6-SY4-3
障害のある子供たちのスポーツ活動に対する取り組み

茨城県立医療大学 保健医療学部理学療法学科 橘 香織

1-6-SY4-4
重力とあそぶ~動くことは楽しいこと~

福井県こども療育センター 辻 清張

1-6-SY4-5
福島県における障害児へのスポーツ指導〜運動導入教室の取り組み〜

福井県総合療育センター 整形外科 松尾 洋平

シンポジウム5:肉離れ(競技別、部位別の筋腱損傷の特徴、病態および治療)

11月3日(土)第1会場 8:40 ~ 10:10

座長:
奥脇  透(国立スポーツ科学センター)
仁賀 定雄(JIN 整形外科スポーツクリニック)
2-1-SY5-1
トップアスリートの肉離れ―競技と受傷部位およびMRI 分類について

国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター 奥脇 透

2-1-SY5-2
プロ野球選手に特有の肉離れ〜腱板筋肉離れの実態〜

慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター 小松 秀郎

2-1-SY5-3
ラグビーにおける下肢肉離れに対する高気圧酸素療法(HBO)およびその特徴について

NTT 東日本関東病院 スポーツ整形外科 武田 秀樹

2-1-SY5-4
陸上競技における下肢の肉離れ

早稲田大学スポーツ科学学術院 鳥居 俊

2-1-SY5-5
サッカー/ハムストリング手術

川口工業総合病院 整形外科 吉村 英哉

シンポジウム6:足関節捻挫

11月3日(土)第1会場 15:00 ~ 16:30

座長:
熊井  司(早稲田大学スポーツ科学学術院)
渡邉 耕太(札幌医科大学保健医療学部 理学療法学第二講座)
2-1-SY6-1
足関節捻挫の病態と診断

札幌医科大学医学部整形外科 寺本 篤史

2-1-SY6-2
全国大会レベルの高校生バスケットボール選手における「いわゆる足関節捻挫」の実態調査

公益財団法人日本バスケットボール協会/ JR 東京総合病院 整形外科 中山 修一

2-1-SY6-3
新鮮外側靭帯損傷の保存療法

関東労災病院 スポーツ整形外科 眞田 高起

2-1-SY6-4
足関節骨性インピンジメントの治療-骨棘障害を中心に-

大阪医科大学整形外科 安田 稔人

シンポジウム7:先端テクノロジーとスポーツ医学

11月3日(土)第2会場 10:00 ~ 11:30

座長:
中田  研(大阪大学 スポーツ医学)
藤谷 博人(聖マリアンナ医科大学 スポーツ医学講座)
2-2-SY7-1
ウェアラブルデバイスを用いた運動定量と
スポーツ外傷障害発生の関連解析

大阪大学 スポーツ医学 中田 研

2-2-SY7-2
メガネ型ウェラブルセンサーを使用した
ランニングフォーム解析のためのアルゴリズム作成の試み

慶應義塾大学 スポーツ医学研究センター 橋本 健史

2-2-SY7-3
モーションキャプチャーと画像解析から考えるスポーツサイエンス

慶應義塾大学整形外科 原藤 健吾

2-2-SY7-4
変形挙動から探る前十字靭帯の力学機能

首都大学東京システムデザイン学部 藤江 裕道

2-2-SY7-5
無症候性野球選手における肩甲上腕関節の動作解析
-4次元computed tomography を用いて-

北海道大学病院 スポーツ医学診療センター 門間 太輔

シンポジウム8:スポーツパフォーマンスとスポーツ歯科医学

11月3日(土)第3会場 8:40 ~ 10:10

座長:
安井 利一(明海大学)
2-3-SY8-1
全身運動時に出現する咬筋活動とマウスガードの影響ー 遠隔促進の観点から

愛知医学院大学歯学部 生理学講座 森田 匠

2-3-SY8-2
スポーツパフォーマンスとスポーツ歯科医学・スポーツにおける咀嚼筋活動からスポーツ歯科臨床

日本大学松戸歯学部 口腔健康科学講座・顎口腔機能治療学分野 川良美佐雄

2-3-SY8-3
競技力向上に向けたスポーツ歯科からの支援スキーム

東京医科歯科大学 スポーツ医歯学 上野 俊明

2-3-SY8-4
パラアスリートのデンタルサポートとパフォーマンス変容の実際

タカサゴデンタルオフィス/一般社団法人九州医歯学研究所 近藤 剛史

シンポジウム9:スポーツ医学における健康運動指導士・健康運動実践指導者の役割

11月3日(土)第3会場 10:15 ~ 11:45

座長:
勝川 史憲(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター)
木村 穣(関西医科大学健康科学センター)
2-3-SY9-1
スポーツ医学における健康運動指導士・健康運動実践指導者の役割

公益財団法人健康・体力づくり事業財団 石井 荘一

2-3-SY9-2
EIM(Exercise is medicine)とスポーツの関わり

関西医科大学健康科学センター 木村 穣

2-3-SY9-3
スポーツ医学における健康運動指導士・健康運動実践指導者の役割

日本健康運動指導士会 北海道支部 唐牛 拓郎

2-3-SY9-4
医療機関と健康運動指導士等との連携による運動療法の在り方

誠馨会千葉中央メディカル健康スポーツセンター 野崎 真道

ワークショップ1:IF ドクターミーティング「国際スポーツイベントにおける医科学支援」

11月2日(金)第1会場 9:00 ~ 10:30

座長:
赤間 高雄(早稲田大学スポーツ科学学術院)
奥脇 透(国立スポーツ科学センター)
1-1-WS1-1
2018平昌冬季オリンピックにおける医科学支援

国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター 奥脇 透

1-1-WS1-2
2018FIFA ワールドカップロシア大会におけるメディカルサポート

順天堂大学医学部整形外科 池田 浩

1-1-WS1-3
ラグビーワールドカップ2019日本開催における医科学支援

順天堂大学 スポーツ医学 髙澤 祐治

1-1-WS1-4
東京2020オリンピック・パラリンピックの医療体制

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 赤間 高雄

ワークショップ2:2020東京大会に向けたハイパフォーマンスセンター(HPC) の機能と役割

11月2日(金)第1会場 15:30 ~ 16:30

座長:
奥脇  透(国立スポーツ科学センター)
1-1-WS2-1
2020東京大会に向けたハイパフォーマンスセンターの機能と役割

日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンスセンター 勝田 隆

1-1-WS2-2
2020東京大会に向けたハイパフォーマンスセンター(HPC)の機能と活動内容

日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンスセンター 久木留 毅

ワークショップ3:国際大会におけるポリクリニック-女性アスリート外来は必要か?-

11月3日(土)第3会場 14:00 ~ 15:30

2-3-WS3-1
オリンピックにおけるポリクリとジャカルタアジア大会ポリクリについて

国立スポーツ科学センター 土肥美智子

2-3-WS3-2
2020東京五輪ポリクリ構想

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 赤間 高雄

2-3-WS3-3
ジャカルタアジア大会ポリクリについてトレーナーの観点から

国立スポーツ科学センター 大桃 結花

韓国交流トラベリングフェロー

11月2日(金)第3会場 15:00 ~ 16:00

座長:
松本 秀男(慶應義塾大学医学部スポーツ医学総合センター)
1-3-TR1
第1回JSCSM-KSSM トラベリングフェロー報告

北海道大学大学院保健科学研究院 機能回復学分野 石田 知也

1-3-TR2
Refracture of the Fifth Metatarsal Base Stress Fracture after Tension Band Wiring in Athletes: Nonoperative Treatment Results

Seoul Medical Center, Seoul, Korea Ki Chun Kim

1-3-TR3
The Current Status of Korean Athletic Trainers

Korea Athletic Training Research Institute. Seoul, Korea Sang-Hoon Kim

1-3-TR4
Single-leg Vertical Jump Test as a Functional Test after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction

Sports Medical Center, Konkuk University Medical Center, Seoul, Korea Sang Jin Yang

委員会報告

11月2日(金)第1会場 16:45 ~ 17:05

日本臨床スポーツ医学会におけるCOI 管理

丸紅健康開発センター 山澤 文裕

Return Top